入れ歯治療

  • Top
  • 入れ歯治療

denture 失った歯の機能を手軽に取り戻すなら「入れ歯治療」

虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合に行う、もっともポピュラーな治療方法が「入れ歯治療」です。入れ歯治療では、歯を失った部分に人工歯を入れることで歯の見た目と機能を補います。

インプラント治療は外科手術が必要になりますが、入れ歯治療は手軽に歯の機能を補えることが大きなメリットです。枚方市の歯医者「宮園歯科医院」では、歯を失った患者様のお口の状態をもとに最適な入れ歯を製作しています。

当院で行う入れ歯治療

当院で行う入れ歯治療

虫歯や歯周病、事故などによって歯を失ってしまうと、残った周りの健康な歯が、歯を失った部分に移動してしまい、お口の中全体のバランスを崩すことがあります。そうした問題を防ぐために、歯を失った場合はできるだけ早く機能を回復させる必要があるのです。入れ歯治療は、早急に歯の機能を回復できる治療法と言えます。

当院では、歯を失ってしまった患者様はもちろん、他院で製作した入れ歯が合わない患者様のお悩みにもお応えしています。まずは患者様のお口の状態を確認し、ご要望を伺ったうえで適切な入れ歯をご提案しますので、どんなことでもお気軽にご相談ください。

Pick UP

入れ歯で上手く噛めない場合は調整が必要です

Pick UP 入れ歯で上手く噛めない場合は調整が必要です

入れ歯は本物の歯に代わる大切な「第二の歯」です。健康を維持するためにも、しっかり噛むことは非常に大切と言えます。しかし、患者様の中には以前に製作した入れ歯が合わず、うまく噛めていない方もいらっしゃいます。

合わない入れ歯を使い続けると頬や舌を噛みケガの原因になることがあります。しかし、入れ歯を外して過ごしていると咀嚼機能が低下したり、栄養が偏ったりして認知症などのリスクが出てきます。重要なのは、定期的に入れ歯を調整して快適に使用できる状態を維持することです。入れ歯が合わない方は、当院までご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

保険の入れ歯

健康保険が適用できるため、自費の入れ歯と比較してコストを大幅に抑えることができる入れ歯です。

ただし、使用できる素材が限られており、歯科用プラスチックのみになります。厚みがあるため違和感が出ることもあります。

自費の入れ歯

自費の場合は使用する素材に制限がないため、セラミックや金属を使用した入れ歯を作ることができ、機能や見た目にもこだわることができます。

その反面、保険が適用できないためどうしても治療費が高額になってしまいます。

当院で行う入れ歯治療

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

「ノンクラスプデンチャー」とは、一般的な入れ歯を健康な歯に固定するための金属製のバネ(クラスプ)を使用しないタイプの入れ歯を指します。固定用のバネがない代わりに、床(しょう)の部分に弾力性のある特殊な樹脂を使用して入れ歯を固定しています。

口元の見た目が自然になって入れ歯が目立たないほか、健康な歯に負担をかけることもない点が大きなメリットです。初めて入れ歯を作る方にも、現在の入れ歯が合わない方にもおすすめです。

チタン義歯

チタン義歯

歯ぐきに触れる「床」の部分を、チタンという金属で作った入れ歯です。チタンには生体親和性が高く金属アレルギーが出にくいという特徴があるため、安全に使用できます。

また、金属であるため熱伝導率が高く、食べ物の熱をしっかりと感じられるというメリットもあります。臭いがつきにくく、壊れにくい入れ歯です。

コバルトクロム義歯

コバルトクロム義歯

金属製の入れ歯としては、もっとも一般的な素材です。コバルトクロム素材は熱を伝えやすく、清潔な状態で使い続けられるという特徴があります。

薄く作れるので違和感が出にくく、十分な強度もあるため快適に使用できます。熱伝導率はあまり高くはありませんが、保険適用の入れ歯よりしっかりと熱を感じられます。

カスタマイズした「オリジナル入れ歯」も製作できます

保険適用の入れ歯は使用できる素材が歯科用プラスチックと決められていますが、自費の場合は素材の制限が一切ありません。そのため、当院では自費の入れ歯をお求めの患者様のご要望に合わせてカスタマイズした「オリジナル入れ歯」をご提案しています。

オリジナル入れ歯のメリット
  • 患者様に合わせて作るため外れにくい
  • 素材を自由に選べるため薄く作ることができる
  • 顎の動きに合わせて製作できるため咀嚼しやすい
  • 本物の歯に近い見た目にすることができる

Pick UP

保険内でも使いやすい入れ歯をお作りします

Pick UP 保険内でも使いやすい入れ歯をお作りします

保険適用の入れ歯は低コストで作れる反面、あまり使いやすくないというイメージが強い方もいらっしゃるかと思います。確かに使用する素材が決められているため、素材に制限のない自費診療と比較すると使用感は落ちますが、それでも患者様に合わせて使いやすいように調整することは可能です。

当院では、保険適用の入れ歯を選んだ患者様にもご満足いただけるように、患者様のご要望に合わせた調整を行っています。

合わない入れ歯を
使い続けるのは危険です

合わない入れ歯を使い続けるのは危険です

自分の口に合わせて製作したのに、入れ歯が合わなくなってきたという方はいらっしゃいませんか? 嚙み合わせの際には非常に大きな力がかかっているため、毎日使用している入れ歯は少しずつすり減り、嚙み合わせも変わってきてしまいます。

合わなくなった入れ歯をそのまま使い続けると、嚙み合わせ全体のズレや歯ぐきが痩せる原因になったりするため注意が必要です。入れ歯が合わなくなってきたと感じる方は、かかりつけの歯科医院に相談して調整してもらいましょう。

Pick UP

失った歯を取り戻す新しい選択肢「インプラント」

Pick UP 失った歯を取り戻す新しい選択肢「インプラント」

失った歯を補う方法としてポピュラーなのは入れ歯ですが、新たな治療法として注目されているのが「インプラント治療」です。インプラントとは、歯を失った部分の顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上から人工歯を固定する治療法です。

人工歯が顎の骨にしっかり固定されるため、本物の歯と同様の噛み心地が得られるほか、見た目も自然に仕上がることから、現在では入れ歯からインプラントに変更する方が増加しています。インプラントについて詳しくは、当院までお気軽にご相談ください。

インプラント治療について